音の質感

こんにちは!Santaです^ ^

例えば、木や水、土や空気のように、ザラザラしたもの、サラサラ、ドロドロ、スベスベなど、この世の物には”質感”というものがあります。

物をさわった時に受ける感覚、物の性質、物が肌に触れた時の感触。の事を言います^ ^

音にも質感があります。

ドンッ、カッ、チッチッチッチッ、ドドドッ、など、色んな音を聞きますよね^ ^

音に合わせて踊る、それで全然いい事なのですが、よりカッコ良く、観ている人をいい気分にさせる為には、この”音の質感”が絶対に必要です!

なので、練習や普段のレッスンの時には鏡で自分を見てその音の質感に近づけるイメージを少しでも持っておくと、徐々に感覚を掴めると思います^ ^

練習の仕方や音の聞き方がもっと知りたい!と思ったらスタッフや先生に質問して見て下さい^ ^

色んな音が入ってるので聞いてみて下さい^ ^

最近の記事

  1. 2017.12.09

    基礎練の意味

facebook

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。