THIS IS ANGELO★6 Chapter2本当に有難うございました!

NAOYAです。
皆さん今回のTHIS IS ANGELO★ご出演して頂いた皆さん楽しんで頂けましたでしょうか?
1日経ちましたが疲れなど残ってないですか?

個人的なことも書いてしまうかもしれませんが
お時間ある方読んで頂けたら嬉しいです。


(朝の打ち合わせシーンです~)
毎回発表会は
いつもお世話になっている子ども達や保護者の方への”感謝”を伝えるために行っています。
出演順を考えたり、お友達同士で見やすいような座席を組んだり
笑ってくれる瞬間をどうやったら作れるか、感動してもらえるか、、、など
どうしたら皆さんに喜んでもらえるかな??ということに頭を抱えながら作っています。

特に
年度内の2回開催の発表会だったり
平日の金曜と土曜日が本番ということもあったり
僕らがお伝えする情報が遅く保護者の皆さんを迷わせてしまったり
保護者の皆さん、子ども達には普段以上に負担をお掛けしてしまいました。
それでも皆さんが時間的にも家庭の時間も含めてご協力してくださったおかげてなんとか無事に発表会を終えることが出来ました。

今回はMASA先生とたくさんの時間話しながら
どんなふうに運営をしていくか
前回の反省からどんなふうに改善したらもっと良くなるか
今回は前回と違う何かをどうやったら生み出せるのか
そんなことを夜な夜な話していました。

ぎりぎりまで悩んでいたこともありましたが
なんとか当日に間に合って、その思いを先生たちがそれぞれで理解して行動してくれていました。

座席で保護者の方にご迷惑おかけしてしまったときも
保護者の皆さんが「大丈夫ですよ」「移動してみますよ」なんて優しい言葉で対応してくださって
僕のミスであっても保護者の方が優しく対応してくださったりと本当に皆様の優しさをこの発表会で感じました。

色んなナンバーでの感動もありました。

熱が出てしまっているけど発表会には出たいということでギリギリまで調整してくださったご家庭があったり
普段チーム活動している子達で行った強化合同ナンバーを初め
幼児の子たちが行ったナンバー
初のチャレンジカップのみのバトルカップ
受験前ギリギリまで通ってくれた子たちの多いナンバー
子ども達が先生となって行ったナンバー
親子共演で行ったパパママナンバー
参加した全ナンバーに一つ一つドラマが有って

本番終了後のロビーではお手紙を渡す子たちがいたり
ママたちと子ども達が先生と笑って話していたりと見ていて嬉しいシーンがたくさんありました。

一つ心残りなのは
発表会当日に一人の男の子が会場で躓いてしまい怪我をしたために舞台を踏むことが出来ませんでした。
怪我をしてしまった子もママも怪我の処置を終えた後会場に戻ってまた発表会を見てくださっていましたが
ナンバーに関わった出演者全員の子ども達にも迷惑を掛けてしまったこと申し訳なく思っています。
スタジオとしての責任で”子ども達の安全”もしっかり考えて行かなければいけないと改めて笑って終えることは出来ないと感じました。

次の発表会は絶対にこういうことが無いような運営を心がけます。
今回の発表会で携わって頂いた
出演者の子ども達、パパ、ママ
保護者の皆様
運営に協力してくれた先生方
スタッフの皆
サポートで協力してくださったママたち
夜な夜な運営話してくれたMASA君
いつも直前まで心配して見守ってくれる校長
そして会場にいたご家族の皆様

すべての方があの会場にいて舞台を終えることが出来ました。
この場を借りて感謝を伝えさせて下さい。本当にありがとうございました!
また明日から通常レッスンが再開します。
10月からレッスンも新しく変わるクラスもたくさんあります。

ANGELO★らしく慌ただしい日々がまた動き出しますが
日々のレッスンを楽しく過ごして下さいね!

皆さんゆっくり休んで下さい^^

おすすめ記事

最近の記事

facebook

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。