Omichi先生、KAEDE先生&ERI先生おめでとうございます!

NAOYAです。久しぶりの投稿です。

少し遅くなってしまいましたが、先日12/2日曜日に大人ダンサーが目標にしているコンテストが行われました。
そのコンテストは「DANCE DELIGHT」というのですが、
全国各地で予選が行われ、毎年8月ころに日本のTOPダンスチームを決めるコンテストです。
先日の日曜に行われたのは「TOKYO DANCE DELIGHT」という東京での予選でした。
このコンテストは日本中のダンサーが目指すコンテストということもあってなかなかの狭き門。

ANGELO★の先生たちでOmichi先生、KAEDE先生とERI先生がそれぞれチャレンジしていました。
タイトルからもお分かりになる通り先生方がすごく嬉しい結果を取ったのです。

なんと!
Omichi先生所属チーム「TARM-INAL」が優勝!!
KAEDE先生・ERI先生所属チーム「Dread Noots」が準優勝を勝ち取りました!!!
※ブログの下部に動画も載せていますので、ぜひ先生たちの格好いいダンスを見てみてください!

正直僕はダンスをしてきたわけではなくその凄さはわからない部分があり
「ステップがすごい!」とか技術面は正直ちんぷんかんぷんです。

でも動画を見たときに
「動画を見たときに単純に格好いいな!」
「もう一回リピートしてみてみたい!」
「あれってどんな風に作っているんだろう?」
「あの感じが言葉じゃ伝えられないけど格好いい!」

そんな気持ちは色々と浮かびました。
仮に先生たちを知らなかったとしてもそういう思いで作っているんだろうな〜
見ている人に感動してもらう気持ちで作品を作っているのかなって思います。

コンテストの作品はたった3分。
その3分でそんなふうに人のことを動かせるのってとても凄いことだと。

ただ単純に多くのダンサーの方たちが目指すコンテストで出るだけじゃなく、作品にかける思いとか時間は舞台で表現していることだけじゃ測れないと思っていて
その中で結果を出すことって並大抵の努力じゃ届かないことだと僕は思います。

努力する大切さとか
自分たちのことを見つめ直して何度も作ったものを試行錯誤して直して,,,
そんなことを想像すると大変さを痛感します。

だからこそ結果を聞いたときは単純に嬉しかったですね!

本当におめでとうございます!

8月頃開催される決勝されるそうです!
結果もそうですが100%出してくれたらと願うばかりです。
ぜひ僕個人的にもANGELO★としても応援に向かいたいなと思っています!

さて僕の思いはともかく論より証拠です。
先生たちのダンス動画を御覧ください♪

 

Omichi先生所属チーム「TARM-INAL」
※ジャンルは「HOUSE」というテンポの速い曲でステップを中心に繰り出すダンス。

KAEDE先生/ERI先生所属チーム「Dread Noots」
※ジャンルは「HIPHOP」。多方面の良い要素を取り入れているダンス

おすすめ記事

最近の記事

facebook

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。