頑張った姿に感動!!

三女は受験結果が気になり、居ても立ってもいられなくて
バレエに行く前に必死で夕方帰ってきた。
その時の様子を長女に聞いてみた。
まずはトイレにその速達ハサミを持って立てこもったという。
私 「直後、『やったーーーー!!!』と絶叫したの?」
長女 「ううん。ちがう。
     『おねえちゃーん・・・合格って意味の言葉、他に何かあるぅ???これってなにぃ?』
     って暗ーーくなって出てきたのよ。」
    『内定しました』の意味が小学6年生には、わからなかったんだ!
そして、仕事をしている私のところに電話をかけてきた時には
         号泣でした。
へらへらして、必死感が伝わってこなくて、こちらが心配になるくらいでしたが
本当は苦しくて苦しくて、不安に押しつぶされそうになりながら頑張ってきた
美しい涙だと思いました。
勉強にしろ、お稽古事にしろ、涙がでるくらい頑張る経験は大切だ!!と私は思います。
そんな経験をたくさんさせてあげてくださいね。
皆さんママやパパがベッタリくっついて6年間を過ごし
当然お勉強も見てあげて、ヨロイ・カブトを着けての受験のように思えました。
そんな中、たったひとりで、素っ裸で戦場に臨み
バレエも週3回続けながら、コンクールにも出て
そして勝ち取った『合格通知!!』
私は本当に心から三女を褒めて、そして抱きしめました。
お稽古事も同様、子供って素晴らしい感動を親に与えてくれますよね。
そう。生まれたその瞬間から[#IMAGE|S72#]
     

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。